負担する必要性を確認する|原状回復について知る|敷金と礼金がない物件
作業者

原状回復について知る|敷金と礼金がない物件

負担する必要性を確認する

工具

長く同じ賃貸物件に住んでいる人が引っ越しをする場合は、現状回復のための費用がときに大きな金額となります。経年劣化による現状回復工事費用は支払う義務はありません。しかし、長年同じ部屋に暮らしていれば、さまざまな生活の痕跡が残っていきます。家族同士がケンカをしてドアや壁を破損させてしまうこともあるでしょう。また子どもがボール遊びをして、窓ガラスにヒビを入れてしまうこともあります。そのような過失については、入居者が費用を支払う必要があるのです。こうした現状回復に関する問題は、部屋のあらゆるところで発生してきます。まずは、玄関の鍵を交換することは絶対に行なう必要があります。さらに、壁紙や、床、天井といった部屋の内装に関するもの、照明設備やインターネット回線といった電気系統に関するもの、クーラーや湯沸かし器などに代表される設備品など、それぞれについて現状回復費用の支払いの有無をチェックする必要があるでしょう。入居者か貸し手のどちらが支払うことになるのか、事前にしっかりと確認することで、不要な工事費用の負担を防ぐことができます。
入居する前からあった設備の不具合や、もともとあった家の傷などは、事前に家主に報告しておくことで、こちらの落ち度ではないことを証明できます。本来であれば、貸し手が把握しておくべき問題ですが、オーナーや不動産会社によっては、管理が甘い場合もあります。退出時に言った言わないの水掛け論にならないためにも、気をつけておくべき問題です。問題の箇所は入居前に写真を撮っておけば、入居者の正当性を主張することができるはずです。