ルールを知って不安を解消|原状回復について知る|敷金と礼金がない物件
作業者

原状回復について知る|敷金と礼金がない物件

ルールを知って不安を解消

工具

賃貸物件の入居者にとっては、引っ越しを検討する機会も多く訪れることでしょう。結婚や離婚、就職や入学といった人生の大きな転機をきっかけに引っ越しをすることもあれば、より環境で暮らせる条件のよい賃貸物件が見つかったという理由で決めることもあります。さまざまな事情によって、新たな賃貸物件へと移動することを希望するのです。しかし、今まで住んでいた物件を後にするときには、注意しなくてはいけない問題もあります。それは、現状復帰についての問題です。賃貸物件の引っ越しをするときには、現状復帰についての知識を持っておいて損はありません。
現状復帰においては、ガイドラインともいえるルールがあります。自然な経年劣化については、入居者に責任はありません。つまり、普通に暮らしていてできた汚れや消耗、劣化についてはその修繕費用をもつ必要はないのです。しかし、一般常識の範囲外に当たるようなダメージについては、現状復帰のための費用を負担しなくてはいけなくなります。
この現状復帰の問題は、引っ越しの経験が何度もある人にとっては当たり前のことですが、初めての場合はわからないことだらけで不安なことも多いはずです。この傷跡の修繕費用は入居者が負担するのか、それとも貸主が負担するのか、1つ1つ疑問に思うはずです。ダメージの状況によっては、想定以外の費用を請求される可能性もあります。不要なトラブルを避けて気持ちよく退去するためにも、費用の心配をしないで引き渡しができればと考えるはずです。国土交通省のガイドラインを参考にすることで、そうした心配を解消することもできるでしょう。