作業員

原状回復について知る|敷金と礼金がない物件

ルールを知って不安を解消

工具

初めての引っ越しをするときには、現状復帰という言葉が気になるはずです。お金の問題と直結してくるので、不安も多くなるのです。国が公開しているガイドラインを参考にすることも解決策の1つといえます。

もっと読む

円満に事を進めるために

部屋

物件の借り手と貸し手の間で多いのが原状回復に関するトラブルです。賃貸契約を円滑に行なうためにも、双方で正しく認識しておきましょう。特に借り手にとってはさまざまな対策が大切になります。

もっと読む

負担する必要性を確認する

工具

賃貸物件を退出するときには、現状回復のための工事を入居者と貸し手のどちらが負担するのか、その責任の有無をしっかりと確認する必要があります。不要な費用を支払わないためにも、確認作業を怠らないようにしましょう。

もっと読む

費用を安く抑える

空室

マンションやアパート、オフィスや店舗などにおいて、賃貸契約で物件を借りるときには、礼金と敷金を求められることが一般的です。住宅用として借りる際には、基本的に敷金、礼金はそれぞれ家賃の二ヶ月程度の費用になることが多いといわれています。敷金は、退出するときに原状回復に必要な費用となっています。敷金の範囲で原状回復工事ができれば、余った費用は返却されるシステムとなっています。しかし、原状回復工事に敷金以上の費用がかかってしまった場合は、新たにその費用を実費で負担しなくてはいけなくなるでしょう。そうしたことを避けるためにも、賃貸物件を借りるのであれば、綺麗に使用することがポイントになります。
しかし最近では、礼金、敷金が不要という物件も増えてきています。敷金と礼金があることで、初期費用が高くなってしまうため、借り手が見つかりにくいといった現状もあるのです。そうした借り手の負担軽減策として、あえて敷金と礼金を無料にして、借りやすくするという方法が一般的になりつつあります。しかし、退出するときには、通常の賃貸物件と同様原状回復が必要になることがほとんどです。退出時に原状回復の費用を払うかたちになるので、先に払うか、後に払うかといったタイミングの違いになるともいえるでしょう。そこで、原状回復費用を少しでもリーズナブルに抑える工夫が求められます。綺麗に部屋を使うのは当然ですが、退出前には、格安の原状回復専門業者に依頼して施行してもらう方法も得策だといえます。